高利回り!ソーシャルレンディング比較サイト

ソーシャルレンディングするなら比較して検討

ここ数年において注目されてきているのが、投資活動になります。企業からの給料収入が増えてこない人たちが多く、また銀行などへ預金しても金利はほとんどつきません。その状況において有益な資産活用の先として株やFX取引などが注目されてきています。

その投資案件の中でも、注目されてきているのがソーシャルレンディングです。資金を提供する資産家・投資家と資金を必要としている企業や事業所とを、インターネット上で結び付けるサービスです。ベンチャービジネスを支援するような場ともなっていますので、投資家にとっては社会的な意義も高くなり人気となってきています。

そんなソーシャルレンディングを始める上で重要になってくるのが、その信用度になります。いくら高利回りをうたっていても信頼度が低ければ、敬遠してしまいます。いまでは多くの比較サイトなどもありますので、運用先を決める前にじっくりと比較・検討することをお勧めします。

みんなのcredit

総合評価 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★★

ソーシャルレンディングという投資スタイルが注目を集めていて、利用者が増えてきています。これは、公募で資金を募って、管理業者が不動産などの資産を運用し、そこから得られた利益を投資者に還元するというシステムで、投資信託に似ています。

ただ、投資信託のように公的な基準をクリアしているようなものばかりではなく、中には悪徳な運用業者も存在する危険性があり、信頼性に欠ける面があります。そのため、信頼のおける運用業者の情報を得て、安心の投資を進めたいところです。

みんなのcreditというサイトがあります。ここでは、ソーシャルレンディングの案件を多数紹介しており、そのいづれもが安心して運用を任せられる信頼性の高い情報ばかりです。高利回りの案件が多数用意されていて、効率よく投資成果を享受できます。

maneo

総合評価 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★★

maneoは多くのメリットがあるソーシャルレンディングの企業です。貸したい人と借りたい人をマッチングしてくれるので、投資を募集しているローンは、maneoの審査を通過した物のみと、双方が安心して資金の運用をすることができます。

貸手は、少額でも投資することができます。また、実際に出資した資金は何のためにどのように使われているのかを、目で見てわかるようになります。3ケ月~1年程の投資がほとんどで、短期での運用先としてもおすすめです。

成約手数料や事務手数料がかからないので、ムダがないのも利用者にとって大きなメリットと言えます。また、最終的に融資をするかどうかは、様々な情報を隅々まで精査をしたのち、経営者としっかりと話し合いを行った上で判断されます。

AQUSH

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★

AQUSHは2009年にサービスを開始し依頼、今でもソーシャルレンディングにおいて知られている業者と言えます。一般的な事業用資金ローンファンドだけではなく、個人向けローンファンド、自然エネルギー発電事業融資ファンドなども取り扱っています。

AQUSHの特徴として国内においては珍しいマーケット型に近い個人向けローンファンドでAQUSHマーケットがあり、高利回りの投資も可能となっています。似たようなサービスをSBIソーシャルレンディングも行っています。

手数料が年換算1.5%のみで、口座開設料や事務手数料がないのも特徴です。案件数が最近は少なめですが、昔からある業者としてこの分野においては代表的な存在でした。上場企業をパートナーに迎えている事から安心できる業者とも言えます。

SBI

総合評価 ★★★
掲載情報量 ★★★★★
満足度 ★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★

今は新しい投資の形としてソーシャルレンディングが出てきました。その中でSBI、ソフトバンクグループのソーシャルレンディングサービスが注目されています。大手企業と言うのも安心して投資をすることができます。

取り扱いファンドも証券担保ローンファンドや不動産担保ローン事業者ファンド、オーダーメード型ローンファンドをも取り扱いしております。人気の秘密としては銀行の金利より高い償還率であるために、多少のリスクはあっても人気が大きくなっています。

ソーシャルレンディングとは借りたい人、投資したい人を結ぶサービスとして、最初はアメリカにて人気が合ったサービスでしたが、今は世界に波及していき、日本においてもサービスが出始めました。借手は低金利で借入、投資家に対しては資産運用と社会貢献の両立を提供できるためにとても人気です。

Crowdcredit

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★★

最近新しい投資のスタイルとしてソーシャルレンディングが流行となっています。その中で海外投資の分野において注目されているのがCrowdcreditです。日本では提供されてこなかった海外の消費ローン、事業者ローンに対して投資の機会を与えています。

海外投資と言うと回収できるか不安な面がありますが、Crowdcreditは実績に基づいた審査・回収をしているために最も熟知している現地の方々と考え、回収実績があるソーシャルレンディング業者とサービスパートナーとして、投資家に投資を行う機会を与えています。

お金がもっとうまく回る余地がある国の個人や事業者の方に、日本の個人投資家の投資としての資金を届けるとともに、その地域の発展や社会貢献にも役立てていきます。提携会社は世界中にあるために、様々な投資案件をじっくり見ることができます。

OwnersBook

総合評価 ★★★
掲載情報量 ★★★
満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★★

OwnersBookはクラウドファンディングにより、一口1万円からの少額資金での不動産投資が可能であり、個人投資家でも十分参加することが可能です。また、いろいろな投資案件に分散投資ができるため、選択肢が広がります。

OwnersBookで案内する案件は、すべて不動産のプロが認めた選りすぐりの物件です。投資するのは、不動産鑑定士をはじめこれまで不動産金融業の最前線でキャリアを積み上げてきた経験豊富なメンバーが厳選した物件です。

OwnersBookのソーシャルレンディングでは、投資後、案件の配当と償還を待つスタイルですので、実物不動産を購入したときのような面倒な手間は不要です。また、一般的な不動産投資の手数料と比較すると相対的に低価格におさえることが可能です。

ソーシャルレンディングの魅力は高い利回りにあり

ソーシャルレンディングの魅力の一つに、高い配当利回りが実現しているというものがあります。株式では、通常配当利回りは5%以下になることが多いです。確かにハイイールド債など、5%以上の利回りを実現している商品もあるのにはあるのですが、取引量が少なかったりして、なかなか購入をする勇気が湧いて来ないことは多いです。
ソーシャルレンディングでは、取引量というものは基本的には考える必要がありません。買えるなら買っておけばいいだけです。最低購入口数に達しなかった場合には契約自体がなかったこととなりますから、心配は無用です。
ソーシャルレンディング業界には、配当利回り10%以上の商品がいくつもあります。それだけリスクが高いということですが、期間が限定されているために負ける確率も低くなっています。一年ほど我慢ができれば大きなリターンが期待できるということで、多くの投資家の注目を集めています。


実例の増加するソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングに関する取り組みの実例は、様々なところで増加し始めているのではないかと推測されています。
この形式による融資は、以前に比べてポピュラーなものとして浸透してきていると考えられているため、実例が断続的に増加することにも繋がっているのではないかとみられています。ここ数年は、幅広い領域から融資を受けることがスタンダードなものとして捉えられていることから、ソーシャルレンディングの仕組みを利用して融資を募る事例が増え続けていると言えるのではないでしょうか。
様々な理由や目的によって、この方法で融資を募る人が数多く見受けられており、その動向に対する関心も強く示されています。ソーシャルレンディングの方式で融資を募集する人は更に増加するとみられているため、事例がより一層増加するのではないかと期待されています。


認知度の拡大するソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングのサービスにまつわる認知度は、以前に比べて向上してきているのではないかと考えられています。この動向は全国規模で見受けられていると推測されていることから、融資の実例が増加することにも関わってきているのではないかと推測されています。
昨今は、多くの人々から少額の融資を受け、大規模に融資を実現させるケースが飛躍的に増加しているとみられています。ソーシャルレンディングの行いやすい環境も実現されていると考えられているため、この融資の手法に関する仕組みが認知される契機になっていると言えるのではないでしょうか。
様々な理由でソーシャルレンディングの仕組みを利用できる点も魅力的であると知られるようになり、多くの人からこのサービスがよく知られているとみられています。今後も同様の特徴がキープされるでしょう。

ページトップへ