映像制作会社

映像制作というと、映画やドラマ、美しい風景、インパクトのあるCMとさまざまな言葉が思いつきますが、実はその仕事はさまざまです。事務仕事もあれば、映像編集作業もあり、交渉の仕事も、営業の仕事もあります。カメラや音響設備を持って駆け回るだけの仕事ではないのです。ネットで個人的に映像を配信している方は、その一部を理解されていると思います。ただ携帯の前で話をしたり、映像を撮影するだけでは、動画として流せるものはできないのです。その編集作業が膨大なものになります。テロップを付け、音楽を付け、必要のないシーンをカットし、繋ぎ合わせる、音やテロップ以外のCGの効果も必要になる場合もありますし、映像自体の加工作業もあります。映像制作会社とは多くの仕事の分業がされており、そこからさまざまなステップアップもあるのです。

映像制作会社が最初に行う最も重要な仕事

映像に必要な物は何か。それは伝える内容です。目の前の美しい風景は、美しい風景を伝えたいという気持ちがあります。そこに音や効果を必要としない場合もあります。主義主張を文字だけで映像に乗せる方法もあります。そこに風景は必要ない場合もあります。まずあるべきは伝える内容です。つまりクライアントが、何を伝えたいのかを深部まで理解する事です。商品を紹介したいという内容ではなく、この商品の良さはどこで、何を理解してほしいのか、名前を知ってほしいためにインパクトを求めているのか、など様々です。映像制作会社の仕事内容はまずそこがあります。その他の細やかな技術は、その技術を得意とする制作会社に外注しているケースも多く存在します。ですから必ずしも映像技術だけが必要となるわけでなく、人の話を聞き、意思をくみ取り、企画を立て、誰かに協力を求めるという人との関わりの能力が求められることも多いです。

映像制作会社は細分化され、一つの道だけではない

映像制作会社の仕事として企画の大切さと共に、実際に映像を作る能力は当然求められます。まず演出や撮影のように映像そのものを撮影する分野があります。企画に合わせた演出から映像を撮影していきます。人が必要である場合はタレントさんやエキストラさんたちを集め、風景が欲しい場合は、適した場所を探し撮影する。人がいるなら、メイクや衣装を必要とします。撮影した映像にCGや効果音、ナレーション、音楽を入れ、全てをまとめて編集する、それをDVDやテレビ用データ、Web用データに変換、まとめる作業があります。それら全てに、さらに細やかな仕事が入ります。ですから給与となると、それぞれの仕事の内容によっても変わります。まずはどの分野に興味があるのかを検討しておく必要があります。それがもし監督、プロデューサーであれば、その方の下について学ぶ必要があります。

弊社では、海外向けの映像も多数実績があり、特に中国向けのマーケティングに強くご提供できます。 経験豊富な営業スタッフやクリエイターがお客様の不安を丁寧に解決します! 最も効果的な動画制作プランを、お客様のご予算に応じてご提案いたします。 株式会社ARTSTECHはヒアリングをとても大事にし、お見積もりの前に必ずヒアリングをさせていただきます。 映像制作会社のアーツテックで美しい動画を制作してもらおう!