映像制作会社

映像制作の仕事は、テレビやコマーシャルの制作、編集、及びWebコンテンツやゲーム、アニメーションなど映像にかかわる仕事です。映像制作の仕事は技術職であり、いろんな制作現場で経験を積んでキャリアアップしていきます。業務用の撮影機材や個人で購入するには値段が高い編集ソフトを使う仕事なので経験者が絶対的に少なく、大手の映像制作会社であれば人材育成費用も出せますが、中小企業の映像制作会社は未経験可の求人を出して応募者を多く集め、その未経験者の中から能力のある人材を見つけ出します。映像業界での仕事はハードな面もあり体力も要します。そういった意味でも会社側は、年齢のいった経験者よりも新しい発想ができる若くてやる気に満ちた未経験者を採用したいのです。時間が不規則でハードではありますがやりがいのある仕事であり、とにかくいろいろな制作現場で経験を積んでいきましょう。

映像制作会社の仕事はふたつにわけられる

映像制作会社の仕事は大きく2つに分けられます。まずプロモーションビデオや展示会、式典、会議、セミナーなどのイベントの中継や撮影、記録といったお客様のための映像制作の仕事と、次にテレビ局のように自社で扱うイベントや商品の撮影や編集をするといった自社で利用する映像を制作する仕事です。将来独立してフリーの動画クリエイターになりたい人や映像制作会社を設立したい人はお客様のための映像制作会社がいいでしょう。なぜならば、こちらはお客様の多くの要求に応えるために社内で定期的に勉強会や研修会を開き撮影技術や映像編集ソフトの操作について学び、自然と企画力や技術力が高まるからです。技術的なことよりも映像制作の企画や立案をしたい、番組制作の仕事に携わりたい人は自社で利用するための映像制作会社へ入社するのをおススメします。

映像制作会社の仕事に就く人のお給料

映像制作会社の仕事には、カメラマンや動画編集者といった映像クリエーター、撮影した後の仕事としてテロップなどを付け加える専門職やCG加工の専門部署などで働く人たちがいます。クライアントの要望を聞いて映像撮影から編集まで管理するディレクターや、番組の立案、スポンサーから番組制作費を引き出す交渉や出演キャストの手配などを行うプロデューサーといった仕事はご存知でしょう。給料は、アルバイトの時給が1000円から1300円、正社員であれば月給20万円から30万円が平均でしょう。最近の映像制作の業界では、撮影も編集も、さらには動画のディレクションや交渉までできるマルチタスク型の人材が求められています。この仕事は自分が関わった仕事への反響が大きければその分評価され大きな達成感を得られます。やりがいのある仕事をやってみたいという前向きなチャレンジ精神旺盛な若者にぜひ挑戦してほしい職業です。