映像制作会社

皆さんは映像製作と聞くとどんな印象を持っていますか?自分のイメージを映像として具現化でき、そしてそれを多くの人に見てもらえ、上手くいけば大きな賞賛を得ることができるという華々しいイメージがある一方で、華々しいイメージとは裏腹にその分生活リズムが不規則だったり、生き残りがとても厳しいというかなり大変な職業だというイメージを持っている人がネット上には多いようです。このようになんとなくのイメージは出てきやすいですが、実際にどのような仕事を行っているのか、細かいことはよく分からないという人は多いのではないでしょうか。映像制作の過程はなおさら知らない人が多いと思います。今回は実際に映像制作会社ではどのような仕事を行うのか、また給与事情はどうなっているのかを紹介します。

映像制作会社は実際にどんな仕事をしているのか。

映像といってもジャンルはとても幅広く、実写、アニメ、CG、ストップモーションアニメーションなど様々な見せ方があります。近年では、どのジャンルの映像にもCGが併用されることが多いため、映像制作会社で活躍するのにCGの知識を持っておいて損はないです。映像制作会社に入社して携わる仕事は大きく分けて二種類あります。一つ目はプロモーションビデオやイベント用の映像など、クライアントのために映像を制作する仕事です。二つ目はテレビや自社商品の撮影・編集といった自社で利用する映像を制作する仕事です。また、その中でも、ディレクターやプロデューサーといった企画系と音声やカメラといった技術系の仕事があります。一つの映像作品を制作することが基本となりますが、自分がどこに関わるのかによって行う仕事が全く異なります。

映像制作会社の給与事情はどうなっているのか

映像制作会社の仕事内容を知ると、いよいよ給与事情が気になるところだと思います。映像製作会社の給与は就職する企業や雇用形態によって大きく左右されます。一般的には大手企業正規雇用で入社できた場合はとても待遇が良く、生活にも不安なく暮らせます。しかし、その一方で小規模の映像制作会社での待遇があまり良くなく、非正規雇用者として時給1000円程度で働く場合も少なくありません。映像制作は完全に実力主義の世界です。良くも悪くも資格・学歴が全く通用しません。正規雇用は様子を見てから判断するという企業も少なくないため、大手に正規雇用される以外は最初から良い待遇を期待するのは難しいと考えておいたほうがいいです。映像制作に携わりたければ、何よりもまず、自分の実力を磨くことが大切です。