高利回り!ソーシャルレンディング比較サイト

                 

HOME > ソーシャルレンディング情報 > ソーシャルレンディングがよい理由

ソーシャルレンディングがよい理由

最近では銀行の利率もゼロを這うような金利であり、なかなか利殖には向いていないといえるでしょう。
基本的に投資とはリスクとの等価交換であり、利率がほぼゼロでも安全に保管できるならば、と考えることもあります。
それは考え方としてありですが、多少なりとも攻めた利殖を行いたいのであれば一つの方法としてソーシャルレンディングを活用するとよいでしょう。
これはネットを用いた金融サービスであり、借りたい人と貸したい人をダイレクトに結びつけることができます。
何をするのでいくらまで融資が集まれば事業をする、サービス開始を目指す、といった形で事業内容に直接的に個人で融資ができるようになります。
大企業向けではなく、中小零細企業が銀行融資を受けられない、或いは遅くて間に合わないという時に活用することが期待されています。
貸し手にもメリットがあり、借り手にもメリットがあるのがソーシャルレンディングです。



ソーシャルレンディングの方向性

一言にソーシャルレンディングといってもどんなタイプなのか、というのが違うことになります。
例えば貸付型というのがあります。
これは貸し付けた金額、権利は価値が下がるわけではないですし、債権自体がマイナスになることもないです。
そして、毎年、5%から高いものですと10%程度の利子を受け取ることができます。
よい部分としては株式のように価値が下がることがない点になります。
そこが貸付型のソーシャルレンディングの特徴であり、上手くすれば相当に安定している投資になる可能性があるわけです。
投資である以上、どうしても自己責任になりますからその点は普通の投資と同じです。
特徴としてあるのがインターネット上ですべて完結できる点になります。
世界的にやることも可能ですが今のところは日本国内の企業に、というのが多いのも特徴です。



ソーシャルレンディングとクラウドファンディング

クラウドファンディングという金融の仕方があります。
これはソーシャルレンディングと呼ばれるものでもあります。
貸付型クラウドファンディングがこれに該当することになります。
さて、貸付型であるわけですから、融資をするわけですが、この手の金融のタイプは実はそれなりに保証もあります。
例えば不動産が担保になっていることもありますし、或いはそれこそ元本保証がついているところすらあります。
このように意外と低リスクの投資先もあります。
もちろん、非常にリスキーなところもありますから、それは注意深く見る必要性はありますが、ソーシャルレンディング業者が調査をすることが殆どですから、公開されている情報のみでもかなり信頼できるところが殆どです。
クラウドファンディング、或いはソーシャルレンディングはこれからより利用する企業が増えることでしょう。

次の記事へ

ページトップへ