高利回り!ソーシャルレンディング比較サイト

                 

HOME > ソーシャルレンディング情報 > ソーシャルレンディングにあるメリットとは

ソーシャルレンディングにあるメリットとは

ソーシャルレンディングは貸し手としてメリットがある部分がたくさんあります。
まず、金融サービスとしてもっとも重要であるといえるのが金利です。
高利回りで5%から10%程度のものが多いです。
これは十分な利回りであるといえるでしょう。
これが一つのメリットになります。
そして、最低限の金額も低い、という特徴があります。
1万円からの少額投資が可能になっています。
但し、これは投資案件によって違うことになっています。
もう一つの特徴としてあるのが価値が相場によって下がるわけではない、という点です。
株式のようにそれを買うと上がったり下がったりするようなタイプの投資ではないのも魅力の一つになっています。
ソーシャルレンディングはネットを活用することになりますから、最低限、この投資にはネット環境が必要です。
但し、速度云々が大事なわけではないです。



ソーシャルレンディングはどんな投資か

投資というのは色々と方向性がありますし、またリスクもリターンも違うわけです。
その投資の中で人気が高くなっているのが、ソーシャルレンディングになります。
ソーシャルレンディングとはネットを活用するタイプの投資です。
ネット上で貸したい人、借りたい人を結びつけることができるものであり、上手くすればお互いにとって非常にメリットがある金融になります。
日本で最も多いのは貸付型と呼ばれるタイプです。
これはサービス提供をしている業者、つまりは貸し手と借り手を繋ぐ仲介業者が借りたい人の事業などの審査をします。
それによってリスク云々の審査をする部分が貸し手はそこまで負担がなくなります。
もちろん、それが確実に信用できるのかというのは違うわけですが、かなり楽ができるようになっています。
これがソーシャルレンディングという投資です。



マーケット型のソーシャルレンディング

日本では貸し付け型のソーシャルレンディングが主流となっていますが、別にそれしかないわけではないです。
様々なタイプがあるのですが、その一つとしてマーケット型というのがあります。
これはサービスの運営会社が審査をすることは貸付型とは同じです。
そして、借り手個人の格付けを行うことになります。
そこから金利などが決まることになります。
このあたりまでは同じではありますが、マーケット型では、貸し手のリスクの許容範囲や利回りとして希望する金利がタイムリーに上下することになります。
これが株式市場のように値動きをすることになります。
案件ごとにではありますがマーケットシステムによって、変動ができる、或いはしてしまうような状況になっているのでマーケット型と呼ばれるタイプになっています。
日本ではほぼないのですが、世界的にはそこそこ普及しているタイプです。

次の記事へ

ページトップへ