高利回り!ソーシャルレンディング比較サイト

                 

HOME > ソーシャルレンディング情報 > ソーシャルレンディングに関わる人々

ソーシャルレンディングに関わる人々

 ソーシャルレンディングとは、その名の通りローンの貸付を行うファイナンスです。特徴としては銀行を通すことなく、お金を借りたいと考えている法人や個人とお金を貸したいあるいは投資してもいいと考えている法人と個人をウェブを通じてマッチングするサービスになります。
つまり、借りたいという借り手と貸してもいい投資家、その間に仲介役となるマッチング会社が入る形です。このマッチング会社はソーシャルレンディング運営会社として、日本では数社程度あります。まだまだ歴史は浅いため少ないですが、徐々に増加傾向にあります。いずれの運営会社でも共通していることは、借り手にお金を貸し付けるというのでなく、投資家がまず運営会社に出資して、その資金をもとに運営会社が借り手に貸し付けるというシステムだということです。
これは、日本の法律上の問題で、反復継続的にお金を貸し続けるに当たり、貸金業者としての登録が必要になってしまうので、自分の代わりに運営会社に出資して貸し付けてもらうようにしています。


ソーシャルレンディング運営会社と投資家の関係

 日本におけるソーシャルレンディングは、ソーシャルレンディング運営会社に投資家が出資するところから始まります。投資家は自分の代わりにお金を貸し付けてくれる貸金業者登録をしている運営会社に出資し、借りたい人に貸し付けることになります。その時、投資家からしてみれば、自分が出資したお金を貸し付けて、その利息がきちんと自分のところにはいってくるのか不安になるのが普通です。そのため、運営会社が投資家からの出資によって借り手にお金を貸し付けた場合には、そのリターン、つまり利息が発生すれば、その利息を投資家に返すという約束ごとが交わされており、これを匿名組合契約といいます。
この契約は運営会社が営業を行い、貸し付けを行って得た利益を出資者である投資家に返す契約であり、投資家同士では相互に契約を結んだり、実名を開示する必要がない契約です。


可能性に満ちた中小企業とソーシャルレンディング

  経済や社会の活性化のためには、元気な起業家やこれから伸びていきたい中小企業がどんどん新しいことに挑戦し、それを成し遂げていくことが不可欠です。にもかかわらず、起業家や中小企業は銀行から融資を受けることができません。もちろん、銀行以外にも中小企業向けの融資をおこなう金融機関はありますし、政府による優遇制度も比較的整っています。しかし、リーマンショック以降新興金融機関の相次ぐ破たんなどのより、それ以外の金融機関でも貸し渋り傾向にあるというのが実情です。銀行をはじめとする金融システムが今の日本ではあちこちで血流が悪くなり臓器不全をおこしている状態ともいえます。
その状態を蘇生させるには、血行を良くする必要があり、そこに現れたのがソーシャルレンディングです。ソーシャルレンディングは思うように資金調達できない中小企業に必要かつ十分な資金を供給する受け皿となっています。

次の記事へ

ページトップへ