高利回り!ソーシャルレンディング比較サイト

                 

HOME > ソーシャルレンディング情報 > ソーシャルレンディングを導入するメリット

ソーシャルレンディングを導入するメリット

 ソーシャルレンディングにおいては、個人間による貸し借りになっており、それにともなった上で、貸し倒れによるリスクに関しても存在しています。そして、返済による遅延、あるいは、回収不能などによるトラブルが生じている場合に関しては、運営会社による回収を行ってくれます。しかも、運営会社における基準による格付けなどによって、これらのリスクを判断していくことができるようになっています。
 また、これらは、ネットを使った上で金融商品による流通を効率化しています。しかも、貸し手や借り手を直接結びつけた上で、コストメリットに関して生み出そうとしており、個人融資によるハードルの高い銀行、ならびに借り入れし易いものや高金利による消費者金融の双方のメリットに関して併せ持っています。
 そして、銀行と消費者金融による中間のメリットを持っています。また、かなり新しい金融ビジネスとなっており、現在では注目を浴びています。


 ソーシャルレンディングに関しては、銀行には貸してもらうことができない。しかし、お金を借りたいといった人を対象にしています。しかし、だからといって、危険な案件ばかりではなく、運営会社による審査に関してもきちんと行われており、審査通過率に関しては1/10程度となっていますから、いかにきちんと内容を精査されているかがわかるようになっています。
 そして、世界全体においてのこれらの市場規模に関しては、1兆円に達しており、日本の国内市場における規模は2014年の時点においては156億円に達しており、増加傾向になっています。
 また、利回りの平均に関しては5%~15%程度となっており、投資期間に関しては1年~5年程度となっています。また、破綻事例に関してはあまりないものの、情報開示に関しては少なかったり、危険性がわかりにくく、見えないくいといった難点もあります。
 ただし、大手の外資系金融機関出身者に関しても目をつけた上で創業していくなど、高い利回りを実現していく仕組みに関しては揃いつつあります。そして、通常による銀行融資だけでは足りない部分を、融資として貸し出しを行った上で、銀行ローンと比較すれば返済の優先順位は劣っているものの、その分、高い利回りを得ていくことができるでしょう。
 つまり、別の融資をひっぱってくるまでのブリッジローンとして使われていくこともよくあるため、比較的安全性に関しては高いのが特徴となっています。


 また、ソーシャルレンディングにおいて取り扱っているファンドに関しては、不動産投資案件がほとんどを占めています。しかも、不動産投資である場合は、多額のお金を必要としますから、これらが必須となるようになっています。
 なお、現在は2020年の東京オリンピックまで、地価の上昇が続いていますから、不動産投資に関してはかなり狙い目の投資であるといえるでしょう。

次の記事へ

ページトップへ