高利回り!ソーシャルレンディング比較サイト

                 

HOME > ソーシャルレンディング情報 > 今話題のソーシャルレンディングの意味はどんな事

今話題のソーシャルレンディングの意味はどんな事

 今、ソーシャルレンディングが世界で注目を浴びています。このソーシャルレンディングという言葉を聞いただけでは何の事を言っているのか分からないという人も多いのではないでしょうか。
 これは個人同士がお金を貸し借りする際のオンラインサービスの事を言います。登録制になっており、貸す人借りる人が登録をし、それぞれの条件が一致すれば契約が成立する仕組みになっています。
 貸す人は金利を自分で決める事が出来、借り手はいくつかの登録者の中からより自分に合った貸し手を選ぶ事が出来、契約が成立すればお金の貸し借りをする事が出来ます。これらのやりとりはオンライン上で行われ、小額からでも取引を行う事が出来るので大変便利です。


 借り手は複数の貸し手の中から一番金利の低い貸し手を選ぶ事が出来るのでお得に利用する事が出来大変便利です。
 お金に余裕がある人であれば、このソーシャルレンディングを利用しお金を貸し出す事で、一定の利益を得る事が出来るので大変便利です。貸し手、借りて共に利益があるサービスになっており、登録者も年々増加傾向にあります。
 借り手にとって、自分の条件に合う貸し手を見つける事が出来れば、大変便利に利用する事が出来るので大変お勧めです。気になる金利ですが、それ程高金利では取引されていませんが貸し手にもよりますが5%~10%前後が多くなっています。貸し手は短期間で投資をする事が出来、また場合によっては高い配当金で貸し出しをする事も出来るので大変メリットがあります。


 借り手も比較的どの様な人でも借りやすく、色々見比べながら一番金利が低い人を選ぶ事が出来ます。このサービスは大変注目を浴びており、徐々に日本にも浸透していくと見られています。
 英国では2005年にもうこのサービスは始まっており、米国でも大変話題になっています。日本では2008年に初めてこのサービスが始まりましたが日本では個人や企業から集めたお金を企業に融資をし、その配当金を融資した者に分配するというサービスが一般的になっています。
 また、貸し手は貸金業の登録が必要になったり色々手続きが必要になっており、海外とはまた違った仕組みが一般的になっています。しかしこのサービスを利用する場合メリットだけあるというわけではありません。貸し倒れのリスクは付き物であり必ず貸し手が儲かるという訳ではない事をしっかりと頭の中に入れ、取引を行う必要があります。
 今後ますます注目されるサービスではないでしょうか。

ページトップへ