高利回り!ソーシャルレンディング比較サイト

                 

HOME > ソーシャルレンディング情報 > 本人確認が行われる事になるソーシャルレンディング

本人確認が行われる事になるソーシャルレンディング

金融会社で何らかの申し込みをした時には、連絡が来る事もしばしばあります。
とりわけカードローンなどは、かなりの確率で連絡が来ます。
そもそも金融会社としては、会社で本当に勤めているかどうかを確認したい訳です。
したがって勤め先に電話をした上で、在籍確認が行われる金融会社も目立ちます。
ところでソーシャルレンディングは、事業資金を確保する目的で申し込み手続きが行われる事も多いですが、それには審査があります。
それでレンディングの場合は、在籍確認が来る確率は比較的低いです。
その代わり、本人確認が1つのポイントになります。
つまり身元が確かな人物かどうかを、金融会社としては確認したい訳です。
ですから確認が困難だと判定された時には、レンディングで融資を受けるのは、少々難しい場合があります。
逆に確認が可能なら、たいていは融資可能です。



果たしてソーシャルレンディングはリスクは高いか

ソーシャルレンディングは、投資手段として検討されている事は多いです。
昨今では銀行の金利に関して不安感がある方々も多いですから、レンディングで資産を効率良く動かしたい望む方々も珍しくありません。
ところで資産を動かす商品は、しばしばリスクが心配されています。
いわゆる株式投資などは、株価の値下がりが心配だと話している方々も多いです。
確かにソーシャルレンディングというサービスにも、リスク自体はあります。
しかし株式投資と比べると、リスクがやや低めという意見も多いです。
と言うのもレンディングの場合は、様々なプロジェクトを手がけている法人に対して、金融会社が貸し付けを行っています。
そして、総じて信頼性が高いプロジェクトを抽出している傾向があります。
信頼性が高いだけに、他の投資商品と比べれば、リスクが比較的低いという意見も多いです。



投資信託より利回りは高めなソーシャルレンディング

資産を動かしたいと望んでいる方々は、たまに投資信託などを検討しています。
現に信託商品も、確かにメリットはあります。
出資者が自分で売買を行う必要はなく、あくまでも投資家に任せられるメリットがあるからです。
ですから、あまりハイレベルな知識が求められないというメリットはあります。
ところでソーシャルレンディングも、投資信託に少々似ている一面はあります。
いわゆる事業を営んでいる会社に、貸し付けを行っているサービスになります。
ですからお金を動かすのは、事業を行っている会社という事になります。
そして投資信託と違って、利回りの高さにも特徴があります。
信託商品の場合は、必ずしも利回りが高めに設定されているとは限りません。
また信託商品ですと、手数料も高めになってしまう事も多いですが、ソーシャルレンディングは比較的低い手数料に設定されています。
つまり利回りの高さが、ソーシャルレンディングの魅力の1つです。

次の記事へ

ページトップへ